イチオシの無利息カードローン!

カードローン利用に保証人が必要ない理由

昔はお金を借りる時には保証人や担保が必要でした。しかし、今ではほとんどの所でカードローンの利用には保証人や担保はいりません。その理由はどこにあるのでしょうか。

・カードローンに保証人が必要なくなった理由 理由としては保証会社の機能をもっているか、あるいは専門の業者に委託するために必要なくなったからです。消費者金融や信販系のカードローンの場合は、自社が保証会社の機能も持ち合わせています。ですから保証人も担保もなくても融資をする事ができます。

 一方で銀行系のカードローンの場合はどうでしょう。こちらは保証会社へ委託している形態をとっています。多くの保証会社は消費者金融系や信販系の企業です。小口融資に関してのノウハウを十分に持っていません。

 ですから全部任せている状態なのです。したがって銀行系の場合においても保証人や担保もいりません。また、個人信用情報があるので、リスク回避できている事も関係しています。

 個人信用情報はお金のプロフィールとも言われています。何が分かるとか言うと、例えば借入金額や返済期間、滞納の記録などたくさんの記録を確認できます。ですから返済をきちんとしてくれそうにない人は審査の段階で落とすようにできるのです。

 リスク回避ができているので保証人も担保も必要ないという面もあるのです。

 

このページの先頭へ